税理士以外の相続相談

相続税に関しては税理士に依頼するのがとてもスムーズで安心です。相続税申告や税務署とのやり取りなど、相続にかかわる手続きは専門的で手間のかかることが多く、プロの手を借りずにおこなうには大変な作業ばかりだからです。しかしながら、場合によっては税理士ではなく、弁護士や司法書士に頼んだほうがよい場合があります。

たとえば、相続する人が決まっている場合は問題ないのですが、複数相続人がいて、相続する金額や物品などが定まっていない場合は相続人同士でもめてしまうこともあるでしょう。そんなときは、弁護士に依頼して収めてもらうのが得策です

しかし、注意しておきたいのは、相続は基本的に法定相続分と呼ばれる法律があり、ある程度相続の割合が決まっています。つまり、いくら相続人同士でもめてしまったとしても、法律で決められた割合で相続する可能性が高いです。あらかじめこちらを確認してから依頼するのがよいでしょう。

また、相続額が相続税のかからない範囲の場合は、司法書士に依頼するとすべての手続きを済ませてもらうことができます。ちなみに司法書士は不動産の相続するときに依頼することになるので、不動産相続が決まっている場合は司法書士に依頼すると手間が省けるでしょう。