相続相談は税理士に

相続相談をする場合、いくつか候補があることをご紹介しましたが、相続税がある場合に一番スムーズにやりとりをおこなってくれるのは、おそらく税理士でしょう。相続税申告にまつわる手続きができるのは、税理士のみだからです

たとえば相続税を申告するには非常に手間がかかります。現金だけを相続するだけでも時間がかかりますが、物品や不動産など、すぐに財産の明確な評価が出ないものを相続する場合はまず、それらの財産評価をすることが必要になります。

不動産や物品の価格を査定するとき、専門家の力を借りずに判断を進めようとすると、結果的に失敗してしまう可能性があります。適正価格よりも減額していれば、あとあとペナルティをつけられることになったり増額していれば、知らないうちに多く税金を納めることになったりするからです。

しかも多く税金を納めている場合は一定期間の間に手続きしないと、差額が返ってきません。税理士に相談すれば適正価格を見いだしてくれますし、差額が出ることはほとんどないでしょう。税務署側も税理士のサインがあれば、「ここは適正価格で相続税を支払っている」という証拠になり、税務調査が入らないこともあります。税理士に頼んでおくと、相続税のさまざまな不安が解決されるというわけです。