相続相談の相手とは

遺族の相続問題は相続税申告や財産評価などさまざまな難題があり、自分たちでおこなうには膨大な手間と時間がかかります。そのうえ、プロの目を通して行われなかった相続税申告は、そのほとんどが税務調査の対象となり、税務職員が自宅をチェックしにきたり、さまざまな質問をしたりするなど、申告したあとにも時間がかかります。

はじめて相続や相続税申告をする方にとっては、不安や心配が尽きないことでしょう。しかしながら、こうした相続の問題は、プロに相談することによって解決することができます。自分たちで無理やり解決しようとせず、プロの力を頼ることにしましょう。

相続相談を受けてくれる専門家というのは、じつのところいくつかの種類があります。たとえば、法律のプロである弁護士。相続問題はもめることも多いですから、弁護士に相続相談することで解決することも多いでしょう。ほかには司法書士に頼むこともできます。

司法書士は不動産などの相続登記をしてくれますから、不動産の相続がある人は安心でしょう。また、意外なところでは信託銀行に頼むこともできます。費用がかかるのであまりおすすめはできませんが、相続についてあまり知らない人からは信頼度が高く、相続相談している方も多いようです。

一番頼られるのは、税理士でしょう。税理士は相続税申告や税務調査の立ち合いなど、相続税にまつわる手間を一手に引き受けてくれます。このように、相続相談する相手はさまざまにいるので、自分に合った相手を探すことが重要になります。