税理士以外の相続相談

相続税に関しては税理士に依頼するのがとてもスムーズで安心です。相続税申告や税務署とのやり取りなど、相続にかかわる手続きは専門的で手間のかかることが多く、プロの手を借りずにおこなうには大変な作業ばかりだからです。しかしながら、場合によっては税理士ではなく、弁護士や司法書士に頼んだほうがよい場合があります。

たとえば、相続する人が決まっている場合は問題ないのですが、複数相続人がいて、相続する金額や物品などが定まっていない場合は相続人同士でもめてしまうこともあるでしょう。そんなときは、弁護士に依頼して収めてもらうのが得策です

しかし、注意しておきたいのは、相続は基本的に法定相続分と呼ばれる法律があり、ある程度相続の割合が決まっています。つまり、いくら相続人同士でもめてしまったとしても、法律で決められた割合で相続する可能性が高いです。あらかじめこちらを確認してから依頼するのがよいでしょう。

また、相続額が相続税のかからない範囲の場合は、司法書士に依頼するとすべての手続きを済ませてもらうことができます。ちなみに司法書士は不動産の相続するときに依頼することになるので、不動産相続が決まっている場合は司法書士に依頼すると手間が省けるでしょう。

相続相談は税理士に

相続相談をする場合、いくつか候補があることをご紹介しましたが、相続税がある場合に一番スムーズにやりとりをおこなってくれるのは、おそらく税理士でしょう。相続税申告にまつわる手続きができるのは、税理士のみだからです

たとえば相続税を申告するには非常に手間がかかります。現金だけを相続するだけでも時間がかかりますが、物品や不動産など、すぐに財産の明確な評価が出ないものを相続する場合はまず、それらの財産評価をすることが必要になります。

不動産や物品の価格を査定するとき、専門家の力を借りずに判断を進めようとすると、結果的に失敗してしまう可能性があります。適正価格よりも減額していれば、あとあとペナルティをつけられることになったり増額していれば、知らないうちに多く税金を納めることになったりするからです。

しかも多く税金を納めている場合は一定期間の間に手続きしないと、差額が返ってきません。税理士に相談すれば適正価格を見いだしてくれますし、差額が出ることはほとんどないでしょう。税務署側も税理士のサインがあれば、「ここは適正価格で相続税を支払っている」という証拠になり、税務調査が入らないこともあります。税理士に頼んでおくと、相続税のさまざまな不安が解決されるというわけです。

相続相談の相手とは

遺族の相続問題は相続税申告や財産評価などさまざまな難題があり、自分たちでおこなうには膨大な手間と時間がかかります。そのうえ、プロの目を通して行われなかった相続税申告は、そのほとんどが税務調査の対象となり、税務職員が自宅をチェックしにきたり、さまざまな質問をしたりするなど、申告したあとにも時間がかかります。

はじめて相続や相続税申告をする方にとっては、不安や心配が尽きないことでしょう。しかしながら、こうした相続の問題は、プロに相談することによって解決することができます。自分たちで無理やり解決しようとせず、プロの力を頼ることにしましょう。

相続相談を受けてくれる専門家というのは、じつのところいくつかの種類があります。たとえば、法律のプロである弁護士。相続問題はもめることも多いですから、弁護士に相続相談することで解決することも多いでしょう。ほかには司法書士に頼むこともできます。

司法書士は不動産などの相続登記をしてくれますから、不動産の相続がある人は安心でしょう。また、意外なところでは信託銀行に頼むこともできます。費用がかかるのであまりおすすめはできませんが、相続についてあまり知らない人からは信頼度が高く、相続相談している方も多いようです。

一番頼られるのは、税理士でしょう。税理士は相続税申告や税務調査の立ち合いなど、相続税にまつわる手間を一手に引き受けてくれます。このように、相続相談する相手はさまざまにいるので、自分に合った相手を探すことが重要になります。